身長を伸ばしたい 小学生 中学生 高校生 成人 20代 30代

MENU

寝る子は育つは本当だった!

寝る子は育つは本当だった!

 

大人ならば、6〜7時間くらい眠れば大丈夫ですよね。
しかし子供の場合はそうはいきません。

 

5歳から12歳くらいまでの場合、10〜11時間くらい睡眠時間を取りましょうと推奨されているのです。
ですから、小学生くらいのうちまでは10時間程度の睡眠時間を確保するのが望ましいでしょう。

 

身長を伸ばすための成長ホルモンが多く分泌される「ゴールデンタイム」は、午後10時から午前2時と言われています。ですから、この時間帯にはしっかり眠ることが重要なのです。

 

 

 

運動も、子供の身長を伸ばす要素の一つ

身長を伸ばすために必要な成長ホルモンを活性化させるためには、運動も必要です。家にこもってゲームばかりしていては、成長ホルモンが活性化されませんから、運動をさせるようにしましょう。

 

しかし、ハードな運動をすればいいというわけではありません。
ハードな運動を子供にさせると、逆に身長が伸びなくなってしまうとも言われているのです。なぜそうなってしまうのかというのはまだきちんと明らかになっていませんが、筋肉を鍛えるハードな運動は、子供には望ましくないようです。

 

 

 

もちろん食事も大事な要素です

寝る子は育つは本当だった!

 

成長のためには、食事も重要になって来ます。
そして子供の食事で積極的に摂らせたい栄養素は「アルギニン」です。

 

アルギニンには、成長ホルモンを活性化させる力があると言われています。身長を伸ばすためには成長ホルモンは欠かせませんから、アルギニンを積極的に摂らせたいですね!

 

アルギニンが多く含まれる食品には、大豆、アーモンドやクルミ、落花生などの木の実類、ゴマ、豚ロースや牛挽肉、クロマグロなどがあります。

 

なかでも大豆は、成長に大事なたんぱく質も多く含まれているため、おすすめの食材ですよ。

 

しかし、食事だけでアルギニンを多く摂取するのは簡単ではないですよね。そんな時の救世主が、サプリメントです。

 

 

身長を伸ばすためにはどのようなサプリメントを選べば良い?

身長を伸ばすサプリメントはどうやって選んだらよいのだろう?と悩みますよね。何となくよく聞く名前だから、CMで見かけたから、などの理由で選んでも、効果が得られるかどうかは分かりません。成分にも注目して選びたいものですよね。

 

どのような基準でサプリメントを選ぶのが良いのか見ていくことにしましょう。

 

 

身長を伸ばす成分アルギニン

サプリメントでアルギニンを摂取すると、成長ホルモンの分泌が促されるほか、疲労回復効果や免疫力アップ効果、筋肉をつけやすくする効果などが得られます。

 

身長が低い子供は成長ホルモンの分泌が少ないことが多いようです。しっかりとサプリメントでアルギニンを摂取したいところですね。

 

そのほかの効果も子どもにとって見逃せないものばかりですから、ぜひアルギニン配合のサプリメントを使用してみて下さい。

 

 

ほかにヨウ素やLチロシンも有効!

成長ホルモンのみならず、実は「甲状腺ホルモン」も身長を伸ばすために重要なホルモンです、ヨウ素やLチロシンには、その甲状腺ホルモンを活発化させる効果が期待できます。

 

ヨウ素は海藻などにも多く含まれているミネラルの一つです。
Lチロシンはアミノ酸の一種で、ストレス、鬱などを抑える効果があるようです。ちょうど反抗期の子供の精神安定にも一役買ってくれるかも知れませんね。

 

甲状腺ホルモンが分泌されることによって、新陳代謝が高まって骨の成長が早くなります。それによって身長が伸びる土台が整うというわけですね。
成長ホルモンとも密接な関係がありますから、成長ホルモンを分泌しやすくすることも期待できそうです。

 

 

身長を伸ばすために性ホルモンの分泌を抑えるのも有効

性ホルモン(性腺刺激ホルモン)が多く分泌されてしまうと、成長が身長以外の場所に移ってしまう可能性があります。ですから身長を伸ばしたい場合はこの性ホルモンの分泌を抑えたほうが良いのです。実際にはどうしたらよいのでしょうか。

 

「メラトニン」には、性ホルモンの分泌を抑える効果があるとされています。サプリメントで一日に3mgくらい摂取すると良いでしょう。過剰に摂取しないように気を付けて下さい。

 

このメラトニンには睡眠に関する効果もあります。睡眠は身長を伸ばすために大事ですから、両方の効果が得られるのは嬉しいですよね!

 

【早熟、晩成・・・身長が伸びる時期はいつ?】
身長の伸び方は、年齢と深いかかわりがあります。何歳〜何歳くらいが最も身長が伸びやすいかを知り、サプリメントを取り入れる時期を決めたいものですね。

 

 

男女それぞれの身長の伸び方

男性は11歳で6.2cmほど、12歳で7.5cmほど、13歳で7.3cmほど身長が伸びると言われており、11歳から13歳が最も身長が伸びる時期と言われています。

 

また、女性の場合は11歳で6.2cmほど、12歳で7.5cmほど、13歳で7.3cmほど身長が伸びるとされていますから、こちらも11歳から13歳が最も身長が伸びる時期と言えます。

 

つまり、身長を伸ばすサプリメントを使用するなら、この年齢に使用すれば効果が高くなるという事です。

 

 

早熟、晩成ではどちらが身長が伸びるの?

どちらとは言い切れませんが、最終的には晩成の子供の方が身長が伸びることが多いようです。

 

17歳〜18歳頃を過ぎてから、年に1cm程度であっても身長が伸びるようであれば晩成と言えます。晩成の場合、20歳前後まで身長が伸びるかもしれないのです。
男性なら25歳くらいまで、女性なら22歳くらいまで身長が伸びる可能性がありますから、その時期でもサプリメントの効果が期待できるかもしれませんね。

 

一方、早熟の場合は、14歳〜15歳くらいで身長が伸びなくなってしまうようです。

 

 

 

身長を伸ばすための食事とは?

子供の身長を伸ばしたい時にはサプリメントが有効ですが、それだけではなく、食事で効率よく必要な栄養素を摂取すればなお良いでしょう。

 

実際にどのような栄養素を取るのが望ましいのか、詳しく見ていきましょう。

 

 

子供には体を作るたんぱく質を摂らせましょう!

身長を伸ばすためにまず必要な栄養素は、たんぱく質です。
身長を伸ばすためのサプリメントにも、たんぱく質が含まれていることがありますが、それだけでは十分ではないでしょう。
日々の食事でもたんぱく質を補ってあげたいですね。

 

たんぱく質は一日に「体重(s)×1g」必要とされています。この数字は最低限これだけはという数字ですから、成長期なら「体重(s)×2g」くらい摂取しても良いと言われています。
運動を良くする子どもの場合は、さらにたんぱく質を多く摂らせることをおすすめします。

 

たんぱく質は、肉、魚、卵、チーズや牛乳、豆腐などに多く含まれます。大豆製品から摂ると良いのですが、消費の早い子どもなら肉でも大丈夫です。肥満などの心配はさほどいらないでしょう。

 

 

亜鉛、カルシウムもしっかり摂取!

身長を伸ばすために重要な骨の成長にもかかわると言われる亜鉛は、普段の食生活だけではなかなか十分な摂取量にならないことも多いです。

 

豚のレバーやもも肉、牡蠣、ウナギ、納豆や豆腐、チーズなどに多く含まれますから、これらを意識して摂取させましょう。

 

カルシウムは歯や骨を丈夫にしてくれますから、こちらも積極的に摂取しましょう。
牛乳やチーズなどの乳製品やしらす、ウナギ、納豆や豆腐、わかめ、ごま、小松菜などに豊富に含まれます。

 

これまで見てきた3つの栄養素が共通して含まれる大豆製品は見逃せません!たんぱく質が豊富で亜鉛、カルシウムも摂取できますから、ぜひ子供に摂らせたいですね。

 

 

身長の伸びに関わるホルモン3つ

子供の身長にかかわりが深いのがホルモンの存在です。

 

3つのホルモンが、身長の伸びと深くかかわっているのです。

 

どのようなホルモンが影響しているのかを見ていきましょう。

 

 

身長を伸ばす役割を果たす成長ホルモン、甲状腺ホルモン

成長ホルモンは、骨や筋肉を育てます。そのほか、脂肪を分解してエネルギーを生み出すという働きもあります。

 

成長ホルモンがたくさん分泌されることにより、身長も伸びやすくなるのです。
成長ホルモンが多く分泌される年齢は13歳〜17歳くらいと言われており、その後は減少します。成長が止まると、成長ホルモンも減っていくわけです。

 

甲状腺ホルモンは新陳代謝を活発にするため、骨の成長にも欠かせないホルモンです。成長ホルモンとも深い結びつきがあります。
そのほか、たんぱく質の生成にもかかわる重要なホルモンです。

 

成長ホルモン、甲状腺ホルモンを活性化させてくれるのが、睡眠です。
睡眠時間が短いと成長ホルモンの分泌に影響が出ますので要注意です。
睡眠不足はストレスも招くことになりますし、良いことは一つもありません。ストレスはホルモンのバランスを崩すこともあるため、しっかりと睡眠を取りましょう。

 

成長ホルモン分泌には紫外線を浴びることも重要なようです。家にばかりこもらず、外遊びも積極的にさせましょう!

 

 

身長が伸びなくなる可能性をもたらす性ホルモン

性ホルモンの分泌により身体が成熟したと決定してしまうため、身長の伸びがストップしてしまうのが一般的です。早熟の場合はこのことによって、身長が伸びなかった可能性も有ります。

 

性ホルモンの分泌は先天性で決まっている場合が多く、対策をするのは難しいかもしれません。
性ホルモンが活性化する前に、身長を伸ばしてしまうのが良いでしょう。

 

また、筋肉を鍛えるハードな運動によって分泌されるという説もあります。
子供のうちからあまり筋肉を鍛える運動はさせないほうが良いでしょう。

 

 

 

身長の高さはどのくらい遺伝するの?

身長の高さはどのくらい遺伝するの?

 

身長というと遺伝というイメージが強いのが事実ですが、実際はどうなのか気になりますよね。身長の低い両親から生まれても、長身になれる可能性はあるのでしょうか。

 

詳しく見ていくことにします。

 

 

遺伝だけで全てが決まるわけではない!

身長の高さに関して遺伝が影響するのは、3割弱くらいと言われています。

 

すなわち、全てが遺伝だけで決まってしまうわけではないのです。
両親が小柄でも、平均くらいの身長になる事も珍しくないでしょう。

 

実際、日本人の平均身長はこの100年でなんと10cm程度も高くなっているんですよ!
すべてが遺伝で決まってしまうのなら、これはあり得ないことですよね?

 

100年の間に何が起こったかと言えば、肉をよく食べるようになったなど食文化の変化や、医療の発達などが挙げられるでしょう。

 

つまりこのことが、遺伝だけではなく食事などの要素も身長の伸びに影響しているという証拠になるのではないでしょうか。

 

 

骨端線ってどんな骨?

成長に関わる骨に「骨端線」という骨があるのをご存知でしょうか。あまり聞いたことが無いという方が多いかも知れませんが、これはどんな骨なのでしょうか。

 

 

骨端線は成長に大事

骨端線は軟骨です。
骨の中央と端にあり、子供のころにはこれが成長します。
大人になると、骨端線は閉じてしまいます。

 

そのため大人になると身長が伸びなくなるのです。

 

この骨端線の成長を促してあげれば、身長を伸ばすことが出来そうですよね。

 

 

生活習慣を見直してみて

この骨端線を活発化させると言われているのは、睡眠や運動です。
小学生くらいのうちは10時間の睡眠を確保することにより、骨端線の活発化を図りたいものですね。睡眠時間が少ないと、骨端線の働きが鈍化してしまう危険があります。

 

そのほか、骨端線を活性化させるために運動も取り入れましょう。
習い事などをすれば、定期的に運動をする機会を得られるでしょう。

 

 

骨端線があるのはいつまで?

骨端線は、男性は18歳くらいまで、女性は16歳くらいまであるようです。
しかし個人差もあるのが現実です。

 

骨端線があればまだ身長が伸びるかもしれません。
ですから、中、高生でもまだまだチャンスはあるかも知れません。

 

身長を伸ばすサプリメントを使用するなら、骨端線のあるうちが効果的です。
高校生くらいでも効果が得られた例もあります。

 

骨端線の有無はレントゲンで判明します。

 

子供の場合は軟骨が多いため、スカスカしたように写ります。
大人の場合は骨同士がくっつき、隙間があまりない状態になります。

 

 

 

そのほか身長のために出来る事は?

身長を伸ばすために有効な食べ物や運動、栄養素、睡眠などについてお話してきましたがいかがでしょうか。
それにプラスして、気を付けてほしいことを挙げておきましょう。

 

 

常に姿勢を意識して

最近では姿勢の良くない子どもも多くなっています。
ゲームやスマホなどを見るのに下を向く機会が多く、どうしても猫背になってしまうのでしょう。

 

しかし姿勢を正すだけでも身長が3cm〜5cm程度高くなるケースもあるそうですから、ぜひ良い姿勢を心がけたいものですよね!

 

では、姿勢を良くするためのポイントは何でしょうか。
それは、腹筋を鍛えることなのです!
良い姿勢を保つためには腹筋が大事になって来ます。

 

猫背だとさらに腹筋が弱ってしまい、良い姿勢を保てなくなってしまいます。

 

ですから、子供の腹筋を鍛えましょう。
週に2、3回、一日に20回くらいの腹筋運動を始めてみてはいかがでしょうか。

 

筋肉を鍛えることはダイエットにもつながりますから、それを知れば子供もやる気を出すかも知れませんね。

 

そして歩くときにも姿勢よく胸を張って歩けば、猫背の改善も期待できるでしょう。

 

 

ぶら下がり健康器で背骨を伸ばす

鉄棒やぶら下がり健康器を使ってぶら下がってみると、背骨が伸びる感じがして気持ちがいいものです。
背骨を伸ばすのは身長を伸ばすうえでも有効と考えられます。

 

ぶら下がり健康器はネット通販などでも数千円から手に入りますから、取り入れてみても良いのではないでしょうか。

姉妹サイト